乳がん改善のホルモン療法【健康的ボディ実現】

がんの問題

転移の有無によって治療方法は変わってくるのです

昨今のがんの治療は、ケースバイケースといった側面があります。従って、乳がんの治療においても実際様々な進め方で治療が行なわれているのです。リンパ節や周辺組織に転移があるか否かが、乳がん治療の方向を決めることが多いのです。一般的な乳がんの外科手術の場合には費用は約20万円となり、必要に応じて他の治療がプラスされます。一回の外科手術で完治する場合もあり、こういったケースでは医療費の負担も最小限に抑えられるのです。昨今では、手術前に抗がん剤で腫瘍を小さくする治療も頻繁に行なわれています。この場合には手術の他に薬物療法の費用がかかります。

手術中に転移の有無を調べる場合もあります

乳がんの手術では、時に手術中に組織の検査が行なわれることがあります。こういった検査では、リンパ節や周辺組織への転移があるか否かを調べる訳です。このような検査で異常がなければ、切除範囲を最小限に抑える乳房温存手術が可能となる場合があります。乳がんの手術では、近年予後の運動機能も考慮した方法がとられるようになっているため、切除範囲を極力抑える傾向があるのです。万が一転移が見つかった場合には、切除範囲を広げる方法がとられます。こうした時にも出来るだけ必要な筋肉は残し、がんのある乳房や必要となる部分のみを切除する手術が行なわれるのです。乳がんの手術では、術後に腕の運動障害やリンパ浮腫などが現れることがあり、そういった症状にも配慮する治療が実施されています。