乳がん改善のホルモン療法【健康的ボディ実現】

骨が折れてしまう

圧迫骨折の予防と骨粗鬆症

今回、圧迫骨折について記載していきます。圧迫骨折の原因としましては、骨粗鬆症や骨腫瘍や感染などと様々な理由がありますが一般的に高齢者で最も多い圧迫骨折の原因は骨粗鬆症です。成人の方であれば、椎体で500kg程度の外力が加わったとしても椎体が潰れることはまずありません。(よっぽどの交通事故でない限り)それに椎体と椎体の間には椎間板がありますので、ある程度の衝撃であれば衝撃を逃がせるようになっています。ただこれに骨粗鬆症が加わることにより、より少ない外力でも圧迫骨折を起こしやすくなります。ですので、骨粗鬆症の予防が大事になってきます。

骨粗鬆症を予防するには

骨粗鬆症の予防をするためには、3つの治療があります。一つ目は食事療法です。骨粗鬆症に関係のある栄養素はカルシウム、ビタミンDビタミンKが主に関わってきます。含まれる食物は乳製品、海産物、豆類が主に含まれています。そういった食事を主にとるようにするとよいでしょう。2つ目は運動療法です。骨にはある程度の負荷がかからないと骨再生しないようにできています。宇宙飛行士が運動をしているのは筋力低下もありますが、重力のない状態で体重がかかっていないと骨密度が低下してしまうためもあります。運動内容はウォーキング、体操など何でもいいと思いますが続けられる運動がいいと思います。最後は薬物療法です。これについては専門機関に聞いてみないとその人それぞれ違うので病院に聞きましょう。